みずほ銀行カードローン

意外とお得?みずほ銀行カードローンに落ちて消費者金融を頼ったワケ

銀行に審査落ちしてしまったら

お金を借りるなら、やっぱり銀行から借りるのが人気みたいですね。確かに今まで借りた事が無かった人でも銀行と聞けば、やっぱりお金をたくさん取り扱っているだけでも信用としては十分です。私も銀行にはお金を預けているので、信用していないわけではありません。

ただ、銀行というのは審査が厳しいのがネックです。大企業に勤める商社マンなどなら簡単に貸してもらえるかもしれませんが、私みたいなアルバイトでの勤務だとスムーズに借りれるとは思えません。今は不景気なのに私みたいな人が借りにくいというのは、時代に逆行しているようにも感じます。

そんな折に私も怪我をして治療費で家計が心許ない状態になってしまったので、お金を借りようと思いました。銀行の方が低金利で私みたいに収入が少なめでも安心…なのですが、審査の厳しさがそのメリットを打ち消しているような感じになっています。

試しに申し込んでみたみずほ銀行カードローンにも審査落ちしてしまい、銀行で借りるにはやはり自分の身分というのは苦しいと悟りました。アルバイトの身分だとお金を借りる事すらままならないなんて…とどうしようか途方に暮れそうでした。

消費者金融にも目を向けてみよう

そこで私は、今まではあまり目を向けていなかった消費者金融にも頼る事を考え始めました。消費者金融というのは銀行とは違った金融機関で同じ貸金業でもルールなどが違い、何よりは昔の悪いイメージがあったせいで、あまり頼りたくなかったのです。

そして金利が高いせいで借りても返せない、返せないとなると取り立てが…と思っていたのですが、よくよく見てみると、消費者金融も決して悪い存在とは言い切れないのが分かります。

消費者金融と言っても今では法定金利内での営業をしているし、一部の消費者金融は金利が銀行に近いような場所もあります。消費者金融の全てが高くつくとは限らないのです。

そして何よりは、ちょうど私が見た時に行なっていた無利息期間キャンペーンです。即日のありがたい融資はこうした金利におけるキャンペーンを良く開催しているらしく、無利息期間内に全部返しきる事が出来れば、どんな銀行の低金利よりもお得に返済ができます。

おかげで私は、とても少ない金利にてお金を借りて返す事ができました。銀行カードローンも良いですが、消費者金融もサービス次第では十分お得だし、何より銀行ほど審査が厳しくないのが嬉しいですね。

金利の低さが魅力的な銀行のカードローンは審査基準にも特徴が

銀行カードローンの特徴

「カードローン」は消費者金融でも利用することができますが、やはり銀行のカードローン方が安全性が高いため、初心者の皆さんにもおすすめとなっています。もちろん消費者金融のカードローンにも審査基準が甘いことで利用しやすい、というメリットがあるものですが、やはり返済まで考えた時にお得に利用できるのは銀行のカードローンとなっています。

消費者金融と銀行とでは同じカードローンサービスでも大きな違いがあるものなので、カードローンを利用する際には金融機関ごとの特徴をよく知っておくことが大切です。特徴を知ることでサービス内容を比較することもできますし、皆さんにとって魅力的なサービスを見つけることもできるようになります。ここでは銀行のカードローンを中心に、サービス内容の特徴を見ていきたいと思います。

銀行カードローンは「低金利」

まず銀行カードローンの特徴として第一に挙げられるのが「低金利」というポイントになります。低金利とは金利が低いという意味ですが、金利が低いことは利用者に対してどのようなメリットがあるものなのでしょうか?金利は各金融機関ごとに異なるものですし、同じ銀行同士でも差が見られるため、平均よりも金利が高い銀行・低い銀行に分けることもできます。

その中でより低金利な銀行カードローンを利用した場合、やはり利息が増えにくく、最終的な返済負担を大幅に減らすことができるというメリットが圧倒的に大きいと考えられます。カードローンの金利は利息の計算にも関わっており、金利が高くなるほど利息も高くなるので、利息による支払い負担を減らしたい時には低金利のカードローンを選ぶことが一番手っ取り早いのです。

銀行は平均的に低金利なので、どの銀行カードローンを選んでも消費者金融と比較すればお得に利用することができるようになっていますが、よりお得に銀行カードローンを利用したい場合は、ぜひ「上限金利」に注目してみてください。上限金利が低いカードローンほど銀行全体の金利も低くなり、結果的に皆さんの利息による負担も減らすことができるのです。銀行カードローンの特徴である低金利をより強めていきたい場合は、上限金利の低いカードローンを選んでみると良いでしょう。

審査が厳しい銀行カードローン

このように銀行カードローンは低金利で借りられる点が大きなメリットとなっていますが、カードローンは利用するための審査を受けなければなりませんよね。審査を受けないことにはカードローンを利用することすらできませんので、皆さんは銀行カードローンを利用するための審査を受けることから始めていく必要があります。

ただ、銀行の審査は人によってはなかなか通りにくく、カードローンの利用が認めてもらえない、ということもあるため申込み前に十分理解しておきましょう。一般的に銀行の審査は厳しくなっています。低金利で高額の融資を受けられる、というメリットはあるのですが、そのメリットを手にするためには厳しい審査をクリアしなければならないのです。そのため消費者金融の審査には通れるのに、銀行の審査には通れない・・・と悩む利用者も少なくありません。

どうしても銀行カードローンを利用したい、という場合には厳しい審査をクリアするための努力をする必要がありますので、就業状況や収入状況を見直したり、借り入れ希望額を下げたり、少しでも基準に見合った状態に変化させていきましょう。それでも審査に通れない場合には、銀行系消費者金融や消費者金融のカードローンを契約するようシフトチェンジするなど、銀行以外でカードローンを利用できる方法について改めて考えてみることをおすすめします。

お金を借りるためには収入源が重要!主婦のキャッシング利用

キャッシング利用者が満たしていなければならない条件

キャッシングサービスを提供している各金融機関ごとにそれぞれ年齢制限が定められていますが、年齢制限の他にもキャッシング利用者は様々な条件を満たしていなければなりません。年齢制限で見ると満20歳0満65歳であればキャッシング利用が認められるとされています。この年齢制限に当てはまらない場合は審査の段階で落とされてしまうので、年齢については必ずチェックしておくようにしましょう。

ちなみに「学生キャッシング」については未成年も利用可能ですが、一般的なキャッシングサービスは成人していなければ利用できないようになっています。こうした基本的な面から気をつけておきましょう。

では、年齢制限の他にはどのような条件を満たしている必要があるのでしょうか?まず必要となるのが「収入」です。キャッシングでお金を借りるということは皆さんは借金をするということになりますよね。借金は必ず返済しなければなりませんので「返済できる金銭的余裕がある」ということがキャッシング利用者の条件とされています。そこで皆さんの収入に注目される、というわけですね。

安定した収入・不安定な収入

もし皆さんが正社員として安定した収入を得ていれば、キャッシング審査に通れる可能性は非常に高くなり、実際にも利用を認めてもらえることがほとんどです。安定した収入を得ている場合は、キャッシングでお金を借りても返済に余裕を持たせることができますし、確実に完済してくれるという信頼も得ることができます。信頼性のある利用者と判断されれば、借り入れ金額についても希望が通りやすく、皆さんもより自由にキャッシングを利用することが可能です。

しかし、反対に皆さんの収入が不安定だった場合はどうでしょうか。アルバイトやパート、派遣社員、自営業と言った職業である皆さんは、収入を得てはいるものの不安定になりがちですし、毎月の収入が大きく異なる場合もありますよね。人によっては収入が少なく、返済の余裕が見られないこともあります。

そのような場合はキャッシング審査に通れる可能性が低く、キャッシング利用を認めてもらえないことも考えられるので、今一度自分の収入について見つめ直してみることが大切です。また、収入面だけではなく就業状況によって審査結果が決まる場合もありますから、自分自身の職業についても目を向けておくようにしましょう。そこで例として挙げたいのが「主婦」の皆さんです。

主婦がキャッシングを利用するためには

主婦の皆さんは仕事をしていることもあれば、専業主婦として家事を中心に生活していることもあり、同じ主婦でも就業状況や収入状況に大きな違いが見られることが特徴的です。もし皆さんが仕事をしている主婦であれば、仕事にも就いていますし収入もあるということから、キャッシングを利用できる確率は非常に高いと見て良いでしょう。

正社員ではなく派遣社員やパートとして働いている主婦の皆さんでも、十分な収入があればお金を借りることができるケースもありますから、まずは契約を申込んでみると良いでしょう。

ただし、専業主婦の皆さんの場合は実際には無職ということになり、毎月の収入も無いので、キャッシング審査に通ることは非常に難しいと見られます。基本的にキャッシングは無職者・無収入者は対象外となっていますから、審査の段階で落とされてしまうのです。

稀に「専業主婦も借りられるキャッシング」などの広告を見かけることもあるかと思いますが、一般的なキャッシングサービスではこのようなサービスは行なっていません。悪徳金融である恐れが考えられるので、専業主婦の皆さんの場合はキャッシング利用を控えておくことをおすすめします。

まとめて「一括払い」ができない時は「リボ払い」でキャッシング返済

確実に返済できるかどうかが重要

キャッシングを利用する際にまず第一に考えておかなければならないことは、どのくらい借り入れをするか、ということではありません。重要なのは「確実に返済できるかどうか」です。返済無しにキャッシングを利用することはできませんし、もし返済トラブルなどを起こしてしまった場合は、今後皆さんのキャッシング利用にも悪影響が現れてくることにもなります。

返済トラブルの多くは利用者側に原因があるものです。中でもお金を借り過ぎたことが原因で返済を延滞してしまう、といった利用者が多く見られていますので、皆さんは必ず借り入れ前に「確実に返済できるかどうか」考えておかなければならないのです。

そこで注目しておきたいのが、皆さんそれぞれに合った返済方法です。キャッシングの返済方法は非常に様々ですが、自分に合った返済方法を利用することで返済トラブルを避けることができます。反対に自分に合わない返済方法ではトラブルも起きやすく、皆さんの負担も大きくなってしまいますので、まずは自分に合った返済方法を探すことから始めていきましょう。ここからは一般的なキャッシングの返済方法について見ていくことにしましょう。

総返済額が少ない場合は「一括払い」を

一般的なキャッシングの返済方法の一つに「一括払い」が挙げられます。一括払いとは返済金額をまとめて返済できる方法のことで、総返済額が全体的に少ない場合、返済残額が少なくなってきた場合などに活用できることが特徴的です。まとめて返済するということで、借り入れ期間が短期となり、結果的に利息を減らすことも可能です。利息はキャッシング利用において負担となりやすいものですから、少しでも利息の支払い負担を減らしたい場合には一括払いで一気に返済してしまいましょう。

しかし、皆さんが高額の融資を受けている場合には、総返済額をまとめて完済することは少々難しいことでもありますよね。高額の融資を受けたということは、借り入れ金額の分だけ利息も高くなるということになりますし、総返済額も借り入れ金額以上になるため、まとまったお金を用意することができない、という皆さんも多いかと思います。

では、まとめて返済することは無理、という場合はどのように返済していけば良いのでしょうか?そこで皆さんにおすすめしたいのが「リボ払い」で返済金額を分割してみる方法です。

「リボ払い」で分割して返済

キャッシングの返済方法には一括払いの他、返済金額を分割して毎月少しずつ支払っていくリボ払いという方法もあります。分割返済とも呼ばれる方法で、一括払いのようにまとめて支払うのではなく、総返済額を分割することで一度に支払う金銭負担を減らしてくことができるようになっています。

例えば、皆さんがキャッシングで5万円を借りた際にリボ払いを利用する場合、5万円に利息などの手数料を含めた総返済額を毎月の支払い金額として分割し、数ヶ月間かけて完済を目指していくことになります。

一括払いに比べて借り入れ期間は長くなるものの、キャッシングで高い借り入れがある場合にはこうして分割することで確実に返済しやすくすることができます。返済方法の選び方は借り入れ金額によっても変えることがおすすめなので、少ない借り入れの時は一括払い、多い借り入れの時はリボ払いといったように、皆さんに合った返済方法をその都度選ぶようにしましょう。

また、実際に返済金額を支払うための返済方法についても自分に合ったものを選ぶことで、より確実に完済を目指していくことができるようになります。コンビニATMを利用して返済する、銀行口座からの自動引き落としで返済するなど、支払い方法にも注意しておくと良いでしょう。

利用者が返済時に支払う「利息」はキャッシングサービスの手数料

「利息」はキャッシングの手数料

皆さんはどんな時にキャッシングサービスを利用しているでしょうか?持ち合わせが足りなくなった時、急に支払い負担が増えてしまうことになった時、様々なシーンでキャッシングを利用することができるようになっていますが、決してタダで利用できるサービスではないことをご存知でしたか?

銀行や消費者金融といった数多くの金融機関で利用できるキャッシングサービスは、利用者である皆さんがお金を借りることができるサービス、つまり借金をするためのツールの一つとも言えるわけですが、タダでお金を借りることができるわけではないのです。

キャッシングを利用する際には、皆さんは必ず「利息」を支払わなければなりません。利息がキャッシングサービスの手数料となっているので、利息を支払わないことにはキャッシング利用者としての義務を果たしているとは言えないのです。では、利息とは一体どのようなものなのでしょうか?ここからは利息についてより詳しく見ていくことにしましょう。

利息とは「借り入れ金額×金利×借り入れ期間」のこと

キャッシングサービスでは「利息」を含めた金額を返済することが利用者の義務とされています。借り入れ金額をそのまま返済するのではなく、利息も支払わなければ完済したことにはなりません。そこでまず必要となるのが、皆さんが支払うべき利息を算出する方法です。利息の支払い額は利用者それぞれで異なり、様々な条件によって大きな差が現れるものでもあります。

利息の計算式は「借り入れ金額×金利×借り入れ期間」と非常に簡単なものですが、金利が上がったり下がったりするだけでも利息は増減しますし、皆さんの借り入れ金額が多い場合と少ない場合とでも利息には差が見られるようになります。さらに借り入れ金額が多いと借り入れ期間も長くなりやすいですから、またさらに利息が膨らみやすくなる傾向があるというわけです。

このように、キャッシングの利息は借り入れ金額、金利、借り入れ期間によって左右されるものとなっていますが、もちろん工夫をすれば利息を抑えて総返済額を少なくすることも可能です。例えば、低金利のキャッシングを利用したり、借り入れ金額を予定よりも減らしたり、一括払いを活用して借り入れ期間を短くしたり、皆さん自身でできる工夫はたくさんあるものです。

同じ金額を高金利のキャッシングと低金利のキャッシングで借りた場合では、利息の差は非常に大きくなるものですし、低金利でも借り入れ金額が高ければ利息も比例して高くなっていきます。利息が膨らみやすくなるポイントを押さえておくことによって、お得にキャッシングを利用していくことができるようになっていますので、皆さんも様々な工夫を凝らしながらサービスを活用してみてください。

利息を支払わなくても良い「無利息キャッシング」

しかし、場合によっては利息を支払わなくても良いキャッシングもあるので、利息を支払いたくない!という皆さんは「無利息キャッシング」を上手く活用してみることをおすすめします。

無利息キャッシングとは、その名称通り利息無しでキャッシングを利用できるサービスのことで、返済負担を大幅に減らすことができるというメリットがあります。基本的には新規の契約者を対象にキャンペーンの一貫として無利息キャッシングを行なっていることが多いですが、これから初めてキャッシングサービスを利用する皆さんにはおすすめのサービスです。

キャンペーン期間内であれば無利息でお金を借りることができるようになっているため、よりお得にキャッシングを利用できるのです。もちろん返済計画はしっかり立てておかなければなりませんが、少しでも返済負担を少なくしたい場合は、ぜひ無利息キャッシングを利用してみてはいかがでしょうか?

日数はどれくらいかかるもの?カードローン審査の結果が出るまで

カードローン審査は第一条件

いつでもどこでもお金を借りられる、という特徴がカードローンの大きな魅力です。皆さんがお金を必要としている時に簡単に引き出せるので、どんな場面でも役立たせることができるようになっています。ただ、決して誰もが利用できるわけではない、という特徴もカードローンにはあるものですから、その点についてはあらかじめ理解しておく必要があります。

まずカードローンは審査を受けないことには利用を認めてもらうことができません。審査はカードローンを利用するための第一条件であるため、審査を受けずにカードローンを利用することはできないのです。もちろん、ただ審査を受ければ良いというわけでもなく、審査基準をクリアして金融機関にカードローンの利用を認めてもらわなければなりませんので、審査に通るための条件についてもよく理解した上で契約を申込むようにしましょう。

審査結果が出るまで日数がかかることも

また、カードローン審査は結果がすぐに出るとは限らないため、申込み日から審査結果が出るまで少々日数がかかってしまうこともあります。審査結果が出るまでの日数は金融機関の審査基準にもよりますし、金融機関から審査される立場である皆さん自身に何らかの問題が見られた場合も結果がなかなか通知されないことも考えられます。

例えば皆さんの収入が少ない場合、借り入れ金額とのバランスを上手く取ることができるのか、といった問題が現れやすく、審査結果が出るまで日数を要してしまうことが少なくありません。特に審査が厳しい銀行カードローンなどの場合は、審査に通して良いものかどうかを判断するために時間をかけることが多いので、申込み日にすぐ審査結果が分かる、ということは珍しいことでもあります。

これから銀行カードローンの契約を考えている皆さんは、条件が厳しいカードローン審査に通ることができるのかどうか、客観的に自分自身を見つめ直してから申込むことをおすすめします。少々審査結果が出るタイミングが遅れても、審査が厳しいカードローンを利用するためですので、気長に待ってみるようにしましょう。

審査結果がすぐに分かる即日キャッシング

このように、カードローン審査は結果が出るまで日数を要することもありますが、基本的に「即日キャッシング」のサービスを行なっている金融機関では、即日借り入れ可能なカードローンを利用することができるようになっていますので、審査結果もすぐに分かり、比較的早く借り入れすることが可能です。

即日キャッシングとは申込み日に借り入れが可能となるサービスのことで、主に消費者金融や銀行系消費者金融で行なわれています。特に消費者金融のカードローンは銀行のカードローンに比べて審査が甘く、審査結果も早めに分かることが特徴的です。銀行カードローンの審査結果を待てないような場合は、審査結果が出るタイミングが早い即日キャッシングを利用してみてはいかがでしょうか?

ただし、消費者金融は高金利であるため、利息の膨らみは避けられない部分もあります。利息とはカードローンをはじめとしたキャッシングサービスを利用する際に支払う「利用手数料」のようなもののことで、無利息サービスなどを行なっている場合以外は、利用者である皆さんが必ず支払うこととなっています。高金利のキャッシングはこの利息が膨らみやすい状況となっており、利息が膨らむとその分だけ総返済額も増えてしまうことになりますので、返済負担についてもよく考えた上で契約するよう注意しておきましょう。

返済はどうなるの?親がキャッシングで融資を受けた返済金額の相続

キャッシングの返済金額の相続はどうなる?

基本的には使い道が自由で正しく利用すればトラブルが起きることも少ないキャッシングサービスですが、自分がキャッシングを利用していない場合にトラブルに巻き込まれてしまうケースというものもあります。それがキャッシングの返済金額の「相続」に関する問題です。

例えば、亡くなった皆さんの親がキャッシングサービスでお金を借りていた場合、まだ返済金額が残っていたとしましょう。その場合の返済は一体誰が行なうべきものなのでしょうか?皆さんの中には「子供である自分が返済しなければならないのでは?」と思っている方々も多いかと思いますが、一般的には子供である皆さんに親の借金を返済する義務はない、とされています。

ただ、親が利用していた金融機関から返済に対する督促状が送られてきたり、電話がかかってきたりすることがありますから、皆さん自身が「返済をしなければ・・・」と考えてしまう気持ちも分かります。しかし「貸金業規制法」によって、キャッシングサービスを提供している金融機関から第三者への取り立ては禁止されているものですし、そもそも皆さん自身が作った借金ではないので、返済する義務はないと考えて問題ありません。

自分が親の連帯保証人になっていた場合

このように、親がキャッシングサービスを利用していた場合の返済は、子供に返済義務があるとは考えられていませんが、皆さんが親の「連帯保証人」となっていた場合はまた別のケースになります。

もし皆さん自身が連帯保証人として契約していたのであれば、親の代わりに皆さんが返済をすることが義務となりますので、その場合は残りの返済額をしっかり完済しなければなりません。キャッシングを契約した本人の連帯保証人になっていた場合には、連帯保証人である側に返済の義務が相続される、つまり親の借金を子供が返済しなければならない状況ともなるわけです。

キャッシングの連帯保証人になることは、こうしたケースによって「借金の肩代わりをしても良い」と金融機関側に示すことになるため、安易に契約することは非常に危険です。「どうしても連帯保証人になってほしい」と頼まれた場合にも、万が一の場合自分自身は借金を肩代わりできる状況であるか、といった点についてしっかり考えておかなければなりません。

それは親の連帯保証人になるだけではなく、友人や知り合いなどの連帯保証人になった場合も同じです。借金の返済が全て皆さん側に求められることになりますので、もし「連帯保証人になって」と頼まれたら、十分冷静になって考えてから答えを出すようにしましょう。

親が知り合いの連帯保証人になっていた場合も注意

その他、亡くなった皆さんの親が知り合いが作った借金の連帯保証人となっていた場合、皆さんが親の遺産を相続したとなると、連帯保証人としての責任も同様に相続することになるので、あらかじめ注意しておきましょう。親が連帯保証人になっていた、という事実を知らずに遺産を相続した場合も、やはり遺産は全て皆さんが相続することになるため、親の代わりに連帯保証人となって責任を果たす、ということになります。

キャッシングの返済金額の相続は非常に難しい問題ではありますが、まずは自分自身が相続するべき状態であるかどうかをしっかり判断することが必要です。また、相続に対して疑問点や不安点があれば、司法書士や弁護士に相談するようにしましょう。当事者のみで判断することできない場合もありますから、専門家である第三者に相談し、相続の今後について考えてみることをおすすめします。

カードローンで「借り換え」する時に見ておきたい3つの注目ポイント

カードローン借り換えの3つのポイント

カードローンでお金を借りたは良いけれど、返済することが難しくなってしまった・・・という皆さんはいませんか?返済することが難しくなった理由が「ついついお金を借り過ぎてしまった」という皆さんもいれば、「転職して収入が少なくなってしまった」など就業状況の変化から金銭面にも変化が現れてしまった皆さんも多いかと思います。

カードローンの返済については考えていたものの、結果的に返済が不可能となってしまうケースも少なくありません。そのような場合にまず皆さんが行動しなければならないことは、少しでも楽に返済できる方法を探すことです。返済はカードローン利用者にとって義務とされているものです。現状として返済することが難しいのであれば、他の方法で返済しなければなりません。

そこでおすすめしたいのがカードローンの「借り換え」です。借り換えとは、現在の借り入れ先から新しい借り入れ先へ契約を移行することで、借り換え後は新しい借り入れ先に返済することで借金を完済していくことができるようになっています。ただし、借り換え先はただ選べば良いわけではなく、選ぶ際にはいくつかポイントがあります。ここからはカードローン借り換えの3つのポイントについて見ていくことにしましょう。

1.カードローンの借り入れ限度額

まず1つ目のポイントは「借り入れ限度額」です。カードローンには最大借り入れげ限度額が決められており、皆さん自身もそれぞれ異なる限度額の上で借り入れができるようになっています。借り換え先に選ぶカードローンとしては、やはり少しでも多く借りられることが大きなメリットとなりますので、借り入れ限度額を高めに設定してもらいやすいカードローンを借り換え先として選んでみるようにしましょう。

カードローンの最大借り入れ限度額が多いほど、皆さんの借り入れ限度額も高めに設定されやすくなっていますから、最大でいくら借りることができるのか、各カードローンのサービス内容を比較することから始めてみてください。

2.低金利のカードローン

また2つ目のポイントとして「金利」についても注目しておく必要があります。カードローンの金利が高くなるほど返済の負担は大きくなりますから、現在の返済負担を軽減させるためには、現在の借り入れ先よりも低金利な借り換え先を探すことがベストです。

金利が低くなることで利息も少なくなりますし、結果的に総返済額も減らしていくことができます。返済が難しくなる原因として「利息が思った以上に高くなってしまった」ということも多く見られていますので、利息の支払いを抑えるためにも借り換え先はできるだけ低金利のカードローンを選ぶようにしましょう。

3.自分に合った返済方法

そして3つ目のポイントとしては、自分に合った「返済方法」が選べるカードローンを探すことが挙げられます。先にも説明したように返済はカードローン利用者にとって義務ですから、自分に合わない返済方法を選んでしまうと、その義務を果たせない恐れが出てきてしまうのです。確実に完済を目指すためには自分に合った方法で計画的に返済してくことが大切なので、借り換え先ではどのような返済方法が利用できるのか、あらかじめ調べておくようにしましょう。

もし現在の借り入れ先で返済しにくい方法を利用しているのであれば、尚更自分に合った返済方法に注目してみることをおすすめします。皆さんが借り換えをするのは、改めて完済を目指していくために必要なことですから、借り入れ限度額や金利の他、返済方法についてもしっかり考えておくようにしましょう。

未成年も利用できる「学生キャッシング」の契約には学生証が必須

未成年がキャッシングを利用できる方法

一般的なキャッシングサービスには必ず年齢制限があるものです。満20歳0満65歳を利用者の年齢制限としている金融機関が多いですが、場合によっては満60歳までとしていることもあるので、まずは皆さんが利用を考えているキャッシングサービスの年齢制限について確認してみるようにしましょう。

また、こうして見てみるとキャッシングサービスは未成年者の利用が認められていないことが分かります。キャッシングサービスは金銭が大きく関わるものですので、満20歳にならなければ利用することができないよう決められているのです。ただし、皆さんが現在未成年でも学生であれば「学生キャッシング」を利用してお金を借りることが可能となっています。ここからは学生キャッシングについて詳しく見ていくことにしましょう。

「学生キャッシング」は学生証の提示が必須

学生キャッシングはその名称通り、学生が利用できるキャッシングサービスとなっています。学生ということで利用者の中には未成年者もいるものですが、学生という基準を満たしているので未成年でもキャッシングを利用できる点が特徴的です。通常のキャッシングサービスでは運転免許証や健康保険証といった身分証明書を用意しなければなりませんが、学生キャッシングでは「学生証」も重要な身分証明書となっています。

もちろん、身分証明をするものとして運転免許証、健康保険証、パスポートといったものも用意しておくことをおすすめしますが、やはり学生キャッシングは学生が利用するためのサービスということで、学生証の提示が必須となっているのです。本当に学校に在籍しているか、といったことをチェックするためにも必要なものなので、学生証の準備も忘れないようにしておきましょう。

アルバイトによる収入があることも条件の一つ

また、学生キャッシングは「現在学生である」という条件だけではなく、借りたお金を返済できる収入があることも条件の一つとなっています。一般的なキャッシングサービスでは就業状況と収入状況が重要な審査条件として見られていますが、これは学生キャッシングの場合も同様です。

ただ学生であるため、基本的にはアルバイトで稼いだお金が収入となりますから、就業状況については無職でなければ問題ないとしているサービスもあります。まずはアルバイトでもしっかり稼いでいること、その稼ぎと借り入れ金額とのバランスが取れていること、確実に返済できる状況であることなどが審査されますので、学生キャッシングを利用するのであればアルバイトをすることも必須、と考えておいた方が良いでしょう。

学生キャッシングの利用前にも必ず返済計画を

そして学生キャッシングに限らず、キャッシングサービスを利用する前には必ず「返済計画」を立てておくよう注意してください。返済計画は、借り入れから返済までの流れを元に毎月の返済金額はいくらになるか、利息はどのくらいつくのか、最終的な総返済額はいくらになるのか、といった返済に関する問題を把握し、計画的にキャッシングを利用していくために必要なものです。

皆さんが安全にキャッシングサービスを利用するためにはもちろん、金融機関とのトラブルを避けるためにも返済計画は欠かせません。キャッシングにおけるトラブルの多くは、利用者側の不注意や利用方法に問題があると考えられていますので、まずは返済計画を立てて正しく利用していくことを心がけてください。これから学生キャッシングを利用する皆さんも「学生だから」といって決して甘えて良いものではありませんから、キャッシングサービスを利用するための責任を持って活用していきましょう。

条件・基準は利用者の感想を参考に、役立つカードローン審査口コミ

カードローン契約に必要不可欠な審査

カードローンを契約するためには、審査を受けることが必要不可欠とされています。各金融機関ではそれぞれ審査基準があり、その基準に見合っていれば皆さんはカードローンの契約を認めてもらうことができ、カードローンを通してお金を借りることもできるようになります。

しかし、審査基準に見合わない場合はカードローンの利用が認められないので、現時点では契約することが不可能な状態です。契約可能な状態にするためには皆さん自身が金融機関の審査基準に見合った状態になることが求められていますので、その金融機関の審査基準に見合う状態になってから再度審査を受けるか、今の状態でも審査をクリアすることができる基準の金融機関の審査を受けるか、皆さん自身で考えなけれなりません。

そこで知っておかなければならないのが、審査をクリアするための条件や基準というわけですが、金融機関側は具体的に示しているわけではなく、やはり結果は実際に審査を受けてみなければ分からない、ということが現状です。ただ、既にカードローンを利用している人の口コミなどを参考にすれば、審査基準や条件について調べることも可能です。

サービスの良い点・悪い点が分かるカードローン審査口コミ

カードローンのサービス内容に関する口コミは様々ありますが、まずはカードローン審査に関する口コミをチェックしてみることから始めてみましょう。審査に通ることがカードローン利用の第一条件ですから、現在のカードローン利用者はどのような条件で審査に通ることができたか、審査をクリアするための条件を口コミから調べてみるのです。

口コミとは基本的にカードローンを利用した感想となりますが、その中には良い感想もあれば自分にとってそれほど役に立たなかった、という感想もあるものです。カードローン選びをする際にはどうしてもサービスの良い点ばかりを見てしまいがちですよね。

しかし、本当に利用しやすいカードローンを選ぶためにはサービスの悪い点にも目を向けておかなければなりません。例えば金利が高くて利息がつきやすいとか、審査基準が厳しくてなかなか通ることができなかった、という利用者にとっては決して良い点とは言えないサービス面にも目を向けることで、自分が利用するカードローンを客観的な視点で選ぶことができるようになります。

口コミはあくまでも参考程度に

今すぐにカードローンを必要としている皆さんにとっては、カードローン審査の口コミなどをチェックしている余裕はない、と感じることもあるかもしれませんが、これも自分に合ったカードローンを選ぶために必要なことです。口コミをチェックすることで、契約を考えていたカードローンのサービス内容をより深く知ることができるようにもなりますし、何より審査基準や条件など申込み前にはよく分からないことについても知ることができます。

せっかくカードローンを契約するのですから、なるべく自分に合ったものを選びたいものですよね。カードローン利用者の口コミは様々な面で参考になるので、皆さんもぜひ様々な利用者の感想を聞いてみてください。

ただし、口コミの内容だけでカードローンの利用を決定するのではなく、皆さん自身が本当に必要としているカードローンであるかどうかを見極めることも大切です。口コミでは良いと言われているカードローンでも、実際に利用してみたら自分には合わなかった、ということも珍しくありません。最終的に決めるのは皆さん自身ですから、口コミはあくまでも参考程度にしておき、決定的な判断は自分自身に任せるようにしましょう。

金銭面に余裕があれば「繰り上げ返済」でキャッシングの完済を

キャッシングの「繰り上げ返済」を活用

現在キャッシング利用中の皆さんは、どのように返済しているでしょうか?毎月決まった金額を支払っていく「リボ払い」を活用している皆さんがほとんどかと思いますが、もし返済中に大きなお金が入った場合、皆さんならそのお金をどのように使うでしょうか?貯金にまわすという手もあるものの、皆さんは今現在借金の返済中です。この機会に「繰り上げ返済」を利用してキャッシングの返済を計画的に済ませてしまってはいかがでしょうか?

繰り上げ返済はキャッシングにおけるサービスの一つで、返済残額を繰り上げて支払い、その後の返済を楽にすることができる特徴を持っています。例えば、リボ払いで毎月決まった金額を支払っている場合には、繰り上げ返済を利用することで毎月支払う金額を少なくできたり、または完済していくまでの期間を短くしたりできるというわけです。上手く活用すれば利息も減らせるので、ここからはキャッシングの繰り上げ返済について詳しく見ていくことにしましょう。

返済額を少なくできる「返済額軽減型」

キャッシングの繰り上げ返済は、現在リボ払い中の皆さんの返済負担を減らすことができるサービスなので、リボ払いで完済を目指している皆さんはぜひ活用してみてください。リボ払いをしていると「毎月の返済額があとちょっと少なかったら・・・」とか「返済期間がもう少し短くなったら・・・」と考えてしまうことがありますよね。繰り上げ返済はそんな悩みを持っている皆さんにおすすめですから、まとまったお金が入った時はまず繰り上げ返済にまわしてしまいましょう。

まず毎月の返済額を少なくしたい場合には「返済額軽減型」の繰り上げ返済を活用していくと良いですね。返済額軽減型で繰り上げ返済をすれば、毎月支払っていく返済額を少なくし、今後の返済負担を大きく軽減していくことができます。毎月支払うべき金額が少なくなるので生活面にも余裕ができますし、精神的にも気持ちの負担は軽くなりますよね。毎月の金銭面に余裕を持たせたい!という場合には、ぜひ返済額軽減型で繰り上げ返済してみてはいかがでしょうか?

完済までの期間を短くできる「期間短縮型」

また、毎月の返済金額の減額ではなく、完済までの期間を短くしたい!という場合には「期間短縮型」の繰り上げ返済を活用してみましょう。先に紹介した返済額軽減型は毎月の金銭負担を減らしていく方法で、返済期間は今まで通りとなっていますが、期間短縮型の場合は毎月の返済額は変わらないものの、完済までの期間が短縮されて結果的に借り入れ期間が短くなるという特徴があります。借り入れ期間が短くなるということですので、つまり期間短縮型の繰り上げ返済を活用することで利息を減らすこともできる、というわけです。

利息を抑える方法としては、金利の低いキャッシングサービスを選ぶこと、借り入れ金額を少なめにしておくことなどが挙げられますが、借り入れ期間を短縮して早めに完済してしまうことも一つの手です。利息の計算には借り入れ期間も大きく関わっているので、借り入れ後にもっと利息を少なくしたい!と思うようになった場合は、ぜひ期間短縮型の繰り上げ返済を利用してみてください。

毎月支払う返済額に変化はありませんが、完済までの期間が短くなるだけでも気が晴れて楽になります。ただ、金銭面に余裕がない場合に繰り上げ返済を利用すると皆さんの生活面に悪影響が現れてしまいますから、まとまったお金が入った時など支払いの余裕がある場合にのみ活用するようにしましょう。