キャッシングのトラブルは弁護士に相談を

弁護士に相談を!キャッシングのトラブルは早めの対処が肝心

「自分は大丈夫!」はトラブルを起こしやすい

キャッシングサービスは、どんな場合でも少なからずトラブルを引き起こすリスクを抱えているものです。正しい方法で利用していたつもりでも、誤って返済期日を忘れてしまったり、返済金額を滞納してしまったり、といったトラブルが起きる恐れもあります。絶対にトラブルが起きないとは言い切れないので、ここではもしキャッシングを利用していてトラブルが起きてしまった時に備えて、対処法についてお話ししておきたいと思います。

「自分は大丈夫!」と思っている人ほど返済時にトラブルを起こしてしまいやすいものですから、キャッシングを利用する前に今一度トラブルの対処法について考えてみるようにしましょう。

返済を滞納してしまったらまずは電話連絡を

では、もし皆さんが返済期日を過ぎていることに気付かず、返済金額を滞納してしまった場合にはどのような対処が必要となるのでしょうか?この場合はまず皆さんがキャッシングサービスを利用している金融機関へ電話連絡を入れることが先決です。滞納していることに気付いた段階ですぐに電話で連絡し、滞納してしまっている旨を伝えてください。返済期日からそれほど期間が経っていない場合は、できるだけ早めに支払うべき金額を返済し、今後二度と同じようなトラブルを引き起こさないよう注意するようにしましょう。

滞納を何度も繰り返していると、金融機関側も皆さんを「信頼できない利用者」と判断することになるため、サービスの利用が停止されてしまうことがあります。サービスの利用が停止されると、当然ながら皆さんはキャッシングを利用することができなくなりますから、お金を借りたくても借りられない状況になってしまいます。このような状況に陥らないようにするためにも、返済金額の滞納には注意すること、延滞してしまったら速やかに連絡し返済することを心がけるようにしておきましょう。

弁護士や国民生活センターに相談して

また、キャッシング利用に関わるトラブルについては返済時以外の問題も挙げられます。特に悪徳キャッシングなどを誤って利用してしまった場合などには、すぐに第三者に相談することが大切です。悪徳キャッシングとは違法な金利で融資をし、後に高い利息を支払わせる金融会社のことで、無職や無収入など一般的なキャッシングサービスの審査に通れない状況でも簡単にお金を借りられる特徴を持っています。

そのため現在無職である皆さんや専業主婦など無収入である皆さんは、悪徳キャッシングでなければ審査に通れない、という状況でもありますから十分な注意が必要です。簡単にお金を借りることはできても悪徳キャッシングは違法ですし、皆さん自身も結果的に高い利息に悩まされることになります。もし悪徳キャッシングと関わってしまった場合は、すぐに弁護士や司法書士などの専門家に相談するようにしましょう。

その他、国民生活センターなどの専門機関に相談することもおすすめです。キャッシングに関するトラブルは早めに対処することが肝心なので、問題が起きてしまったらすぐに相談することを覚えておいてください。ちなみに皆さんが悪徳キャッシングで借りた金額は返済しなくても良いものです。高い利息がついていようと、悪徳キャッシング自体が違法なので、皆さんが返済する必要はありません。

ただし、悪徳キャッシングを利用してしまった場合は今後のキャッシング利用について今一度よく考える時間を作った方が良いでしょう。これも皆さん自身の安全を守るためなので、キャッシングサービスの必要性についても見直してみることをおすすめします。