カードローン審査の必要書類の準備

必ず前もって準備を!カードローン審査を受けるための必要書類

カードローン審査を受けるための必要書類

皆さんがカードローンを利用する際には「審査」を受けることが必須事項とされています。カードローン審査を受けないことにはカードローンの利用も認めてもらえませんし、皆さん自身も借り入れをすることはできません。審査に通ることを第一に考える必要があるので、これからカードローンを利用したいと思っている皆さんは、審査に通るための準備から始めていきましょう。

まず皆さんが準備しなければならないのが、カードローン審査を受けるための「必要書類」です。カードローンを利用するにあたって、皆さんは初めに金融機関の信用を得なければなりません。何の情報もないまま審査を受けることはできませんし、本人確認ができなければ金融機関側も融資をするわけにいはいきませんよね。必要書類の提出は、皆さんが問題なく借り入れができる利用者であることを証明するためのものなので、前もって準備しておくようにしましょう。

本人確認をする身分証明書をしっかり準備

では、カードローン審査を受けるための必要書類にはどのようなものがあるのでしょうか?基本的には「身分証明書」と「収入証明書」の2つを準備しておけば、カードローン審査を受けることができるようになっているので、この2つは必ず準備してください。身分証明書としては、運転免許証、健康保険証、パスポートなどが挙げられますが、カードローン審査に通りやすくするポイントとしては、運転免許証と健康保険証、パスポートと健康保険証といったように2つの身分証明書をペアにして提出することがおすすめです。

ただし、運転免許証とパスポートは同じ種類の身分証明書となるため、どちらか1つと健康保険証のペアを金融機関に提出してカードローン審査を受けると良いでしょう。その他、住民票や印鑑証明書といったものもカードローン審査の身分証明書として利用できます。まずは皆さん個人の本人確認ができる証明書をしっかり準備しておきましょう。

給与証明書や確定申告書などの「収入証明書」

また、カードローン審査を受ける際には収入証明書も必要不可欠です。収入証明書とは皆さんがどのくらい収入を得ているかを確認するためのもので、会社員として勤務している場合と自営業の場合とでは収入を証明できる書類が異なる場合があります。

正社員など会社員として勤務している皆さんは給与証明書などで証明できますが、自営業者である皆さんは給与というものがありませんから、確定申告書などの書類が収入証明書となります。皆さんの雇用形態や勤務形態によって収入証明書は異なるので、あらかじめ注意しておきましょう。

このように、カードローン審査には必要書類の準備をしておかなければなりませんが、もし必要書類に不備がないような場合でも、収入状況や勤務状況などに問題が見られる場合は、審査に通ることが難しくなります。必要書類をしっかり揃えたからと言って、必ずしもカードローン審査をクリアできるわけではありません。重要なのはその必要書類によって皆さん自身が「カードローンを利用しても良いかどうか」を判断してもらうことですから、「書類に不備がないのにどうして審査に通れないの?」という場合は、収入が少なかったり、雇用が不安定であったり、または借金があったり、といった様々な原因が影響していることが考えられます。

一般的に年収が低い場合はカードローン審査には通りにくく、現在借金を抱えているような場合も同様にカードローン審査には通りにくくなっています。こうした注意点も踏まえた上で、カードローン審査を受けるようにしましょう。