認められないキャッシングの利用目的とは

一般的なキャッシングサービスに認められていない利用目的とは

認められないキャッシングの利用目的とは

キャッシングサービスを通して借りたお金の遣い道は、基本的に利用者の自由となっています。利用用途が決められているわけではありませんし、カードローンでキャッシングをする場合も同様に自由に借り入れをすることが可能です。

しかし、一般的なキャッシングサービスでは一部認められない利用目的が挙げられます。認められていない利用目的とはどのようなものなのでしょうか?ここではキャッシングを利用する前に注意しておくべきポイントとして、キャッシングの利用目的について見ておきたいと思います。

借金返済のためには絶対に利用しないで

利用目的が自由なキャッシングサービスでも、借金の返済のためにキャッシングを利用してお金を借りることは原則として禁止されています。

例えば、金融機関Aで借り入れがある皆さんは返済のためにお金を調達しなければなりません。そこで金融機関Bのキャッシングサービスを利用してお金を借り、その金額を使って金融機関Aに返済をすることにした、としましょう。このようなキャッシングサービスの使い方は金融機関側から禁止されている行為なので、これからキャッシングサービスを利用する皆さんはあらかじめ注意しておいてください。

キャッシングサービスを利用する際には借り入れ希望額や借り入れ目的なども金融機関側に知らせることになりますが、もし借金返済のために新たにキャッシングを利用していることが分かれば、今後のキャッシング利用にも悪影響が現われるようになります。サービスの利用違反をしているわけですから、今後利用を停止されてしまう恐れも考えられるものです。キャッシングサービスを安全に利用し続けていきたいのであれば、借金返済のためにキャッシングを利用することは絶対にやめておきましょう。

また、他社借り入れがある場合だけではなく、知人や友人に借りたお金を返すためにキャッシングサービスを利用することも同様に禁止事項とされています。この場合も借金の返済に充てるためのキャッシング、ということになりますから、返済する対象が金融機関であるか、知人や友人であるかの違いのみとなります。こうした利用方法は違反になることはもちろん、皆さん自身の返済負担が大きくなるばかりですので、借金に借金を重ねることのないよう十分に気をつけてください。

お金を貸すために利用することも避けて

ちなみに皆さんが知人や友人にお金を貸す立場である場合に、キャッシングサービスを利用してお金を調達することもまた禁止されている問題でもあります。お金を貸して欲しいと言われても、皆さんがキャッシングサービスを利用しなければならないほどである場合は、しっかり断ることも必要です。皆さん自身もキャッシング利用によって借金をすることになりますし、皆さんからお金を借りた立場である知人や友人についても借金が増えていくばかりです。

借金は重なれば重なるほど金銭的にも精神的にも負担が増えていくものです。このような状況を続けていくと、最悪の場合「多重債務」に陥ってしまい、自己破産してしまうケースも実際に見られています。キャッシングサービスは便利なものですし、近年ではより利用しやすくなってきていますが、決して安易に利用してはならないものでもあります。

キャッシングを利用するのであれば、まずは正しい利用方法を覚えておくこと、誤った方法で利用しないよう自制心を保つこと、必ず計画を立ててから利用することなど自分が気をつけられるところから注意しておくようにしましょう。キャッシングには様々なトラブルも付きものですが、そのトラブルも皆さん自身で防ぐことができます。トラブル対処法についても学んでおくことをおすすめします。