キャッシングの連帯保証人が必要な場合

どんな時に必要?キャッシングでお金を借りるための「連帯保証人」

キャッシングの審査に通れない場合も

一般的にキャッシングサービスはタダで利用できるものではなく、皆さんは「利息」と呼ばれる手数料を支払うことになります。さらに、誰もが簡単に利用できるわけではない、という点もキャッシングサービスの大きな特徴の一つです。無事契約することができれば自由に借りられるサービスでも、キャッシングは言わば借金をすることですから、誰でもすぐにお金を貸してもらえるわけではなく、お金を借りるためには様々な条件をクリアしていなければならないのです。

最も重要となるのが就業状況と収入状況で、皆さんがどのような仕事をしているか、どのくらいの収入を得られているか、といったポイントを中心に審査されることになります。もし就業状況にも収入状況にも問題がなければ、皆さんはキャッシングサービスの利用が認められますが、少しでも問題がある場合は審査結果が出るまで日数がかかってしまったり結果的に審査に落ちてしまったり、キャッシングが利用できないことも考えられます。

ただ、場合によっては「連帯保証人」をつけることでキャッシングの利用を認めてもらえるケースもあるため、ここからはキャッシングの連帯保証人について見ていくことにしましょう。

キャッシングの「連帯保証人」という立場

まず連帯保証人とはどのような立場になるのでしょうか。例えば皆さんがキャッシングを利用する場合、もし返済することができなくなってしまった時のことを予見して、他に返済をすることができる人を探しておくとします。そして実際に返済することができなくなってしまった場合には、その人が皆さんの借金返済を肩代わりすることになります。この借金返済の肩代わりをする立場が、連帯保証人となります。

つまり、契約者本人の代わりに返済をすることになるわけですので、連帯保証人を選ぶ場合には信頼できる人を探すことがポイントです。親や兄弟・姉妹といった家族、友人、知り合いなど連帯保証人となれるケースは多いですが、より信頼性の高い人に連帯保証人になってもらいましょう。

では、どのような場合に連帯保証人をつけるべきなのでしょうか?キャッシングサービスによって連帯保証人をつけなければならない場合は異なりますが、やはり審査をクリアすることが第一条件ですので、就業状況や収入状況に問題がある皆さんは連帯保証人をつけることで審査に通りやすくすることができます。アルバイトやパートで働いている皆さん、収入がそれほど多くはないという皆さんは、連帯保証人をつけることも審査に通るための一つの方法として考えておくと良いでしょう。

しかし、専業主婦など無職・無収入である皆さんの場合は、基本的にキャッシング利用者の対象外となっていますから、連帯保証人をつける以前の問題で融資を断られてしまう、ということをあらかじめ理解しておくようにしましょう。

自分が連帯保証人になる時にも注意

また、連帯保証人をつけるのではなく、皆さん自身が連帯保証人となる場合にも注意が必要です。先ほども説明したように連帯保証人には信頼性が重要視されます。人としての信頼はもちろん、キャッシングサービスでは金銭的な信頼が非常に大事なものとされていますので、本当に連帯保証人としての責任を果たせるのかどうか、自分自身でしっかり判断する必要があります。

もし皆さんが親の連帯保証人となっている場合には、親が亡くなった後に借金を相続しなければなりませんし、親が知り合いの連帯保証人になっていた、という場合についても遺産相続によって借金を肩代わりしなければならないことも考えられることです。連帯保証人をつける場合はもちろん、皆さん自身が連帯保証人になってと頼まれた場合も十分注意しておきましょう。