親がキャッシングで融資を受けた返済の相続

返済はどうなるの?親がキャッシングで融資を受けた返済金額の相続

キャッシングの返済金額の相続はどうなる?

基本的には使い道が自由で正しく利用すればトラブルが起きることも少ないキャッシングサービスですが、自分がキャッシングを利用していない場合にトラブルに巻き込まれてしまうケースというものもあります。それがキャッシングの返済金額の「相続」に関する問題です。

例えば、亡くなった皆さんの親がキャッシングサービスでお金を借りていた場合、まだ返済金額が残っていたとしましょう。その場合の返済は一体誰が行なうべきものなのでしょうか?皆さんの中には「子供である自分が返済しなければならないのでは?」と思っている方々も多いかと思いますが、一般的には子供である皆さんに親の借金を返済する義務はない、とされています。

ただ、親が利用していた金融機関から返済に対する督促状が送られてきたり、電話がかかってきたりすることがありますから、皆さん自身が「返済をしなければ・・・」と考えてしまう気持ちも分かります。しかし「貸金業規制法」によって、キャッシングサービスを提供している金融機関から第三者への取り立ては禁止されているものですし、そもそも皆さん自身が作った借金ではないので、返済する義務はないと考えて問題ありません。

自分が親の連帯保証人になっていた場合

このように、親がキャッシングサービスを利用していた場合の返済は、子供に返済義務があるとは考えられていませんが、皆さんが親の「連帯保証人」となっていた場合はまた別のケースになります。

もし皆さん自身が連帯保証人として契約していたのであれば、親の代わりに皆さんが返済をすることが義務となりますので、その場合は残りの返済額をしっかり完済しなければなりません。キャッシングを契約した本人の連帯保証人になっていた場合には、連帯保証人である側に返済の義務が相続される、つまり親の借金を子供が返済しなければならない状況ともなるわけです。

キャッシングの連帯保証人になることは、こうしたケースによって「借金の肩代わりをしても良い」と金融機関側に示すことになるため、安易に契約することは非常に危険です。「どうしても連帯保証人になってほしい」と頼まれた場合にも、万が一の場合自分自身は借金を肩代わりできる状況であるか、といった点についてしっかり考えておかなければなりません。

それは親の連帯保証人になるだけではなく、友人や知り合いなどの連帯保証人になった場合も同じです。借金の返済が全て皆さん側に求められることになりますので、もし「連帯保証人になって」と頼まれたら、十分冷静になって考えてから答えを出すようにしましょう。

親が知り合いの連帯保証人になっていた場合も注意

その他、亡くなった皆さんの親が知り合いが作った借金の連帯保証人となっていた場合、皆さんが親の遺産を相続したとなると、連帯保証人としての責任も同様に相続することになるので、あらかじめ注意しておきましょう。親が連帯保証人になっていた、という事実を知らずに遺産を相続した場合も、やはり遺産は全て皆さんが相続することになるため、親の代わりに連帯保証人となって責任を果たす、ということになります。

キャッシングの返済金額の相続は非常に難しい問題ではありますが、まずは自分自身が相続するべき状態であるかどうかをしっかり判断することが必要です。また、相続に対して疑問点や不安点があれば、司法書士や弁護士に相談するようにしましょう。当事者のみで判断することできない場合もありますから、専門家である第三者に相談し、相続の今後について考えてみることをおすすめします。