返済計画のためのシュミレーション

カードローンの申込み前に返済計画のためのシュミレーションを

カードローンの「返済シュミレーション」

皆さんはその場の思いつきでカードローンを利用してしまってはいませんか?ちょっとお金が足りないから・・・という理由だけでカードローンを利用することは非常に危険です。しっかり計画を立てた上で利用することが大事なので、まずは借り入れから返済までの計画について考えていくことにしましょう。

そこで皆さんにおすすめしたいのが「返済シュミレーション」です。返済シュミレーションは金融機関が行なっているサービスの一つで、カードローンを利用する皆さんに向けて返済計画を立てる参考にしてもらうことを目的に行なわれています。各金融機関のホームページでは、返済シュミレーションを試すことができるようになっていますので、皆さんもこれからカードローンを利用しようと考えている金融機関でシュミレーションを試してみることから始めてみましょう。

利息の計算もシュミレーションで

では、返済シュミレーションでは具体的にどのようなシュミレーションが行なえるようになっているのでしょうか?まずカードローンを利用する上で重要な「利息」ですが、返済シュミレーションでは利息の計算も簡単にできるようになっています。

利息はカードローンの利用手数料のことで、金利と借り入れ金額と借り入れ期間で計算されますが、皆さんの中にはどのように計算すれば良いか分からない、と悩んでいる方々も多いかと思います。特にカードローン初心者の皆さんは利息の意味についてもよく理解できていない、という場合も多いですから、利息の計算は返済シュミレーションに任せてしまうと良いでしょう。

また、このサービスを利用することで総返済額や完済までの期間もシュミレーションすることも可能です。カードローンの返済は「一括払い」と「リボ払い」をそれぞれ選ぶことができますが、返済方法によって総返済額には差が見られるようになります。

一括払いはまとめて返済する方法であるため、返済期間が長引くことによる利息の膨らみを抑えることができますが、リボ払いの場合は毎月決まった金額を少しずつ支払っていく返済方法になりますから、返済期間が長くなる分利息も増えることになります。つまり、総返済額自体も増えてしまうということなので、しっかりシュミレーションして総返済額を算出しておく必要があるというわけです。

実際とはシュミレーション結果が異なる場合も

このように、カードローンの返済シュミレーションを行なっておくことによって、皆さんは自分なりの返済計画を立てることができるようになります。カードローンは計画的に利用すればとても便利なサービスですから、皆さんも申込み前に必ずシュミレーションを試すことから始めてみてください。

ただ、返済シュミレーションで出た結果が全てというわけではないので、結果はあくまでも参考に返済計画を立てるようにしましょう。実際にカードローンを利用した場合、シュミレーション結果とは異なる利息となるケースもありますし、総返済額にも差が見られることは珍しくありません。返済計画を立てる参考にすることはできますが、正確な結果が出るわけではないということもよく理解しておきましょう。

しかし、返済シュミレーションをするのとしないのとではカードローン利用に対する意識も大きく変わってきます。あらかじめシュミレーションをしておくと、計画的に正しい方法で利用していく、という意識も強くなりますから、返済トラブルも起きにくくなります。返済シュミレーションは返済トラブルを前もって防ぐためにも必要なものなので、借り入れごとにシュミレーションをすることを忘れないようにしておきましょう。