未成年も利用できる「学生キャッシング」

未成年も利用できる「学生キャッシング」の契約には学生証が必須

未成年がキャッシングを利用できる方法

一般的なキャッシングサービスには必ず年齢制限があるものです。満20歳0満65歳を利用者の年齢制限としている金融機関が多いですが、場合によっては満60歳までとしていることもあるので、まずは皆さんが利用を考えているキャッシングサービスの年齢制限について確認してみるようにしましょう。

また、こうして見てみるとキャッシングサービスは未成年者の利用が認められていないことが分かります。キャッシングサービスは金銭が大きく関わるものですので、満20歳にならなければ利用することができないよう決められているのです。ただし、皆さんが現在未成年でも学生であれば「学生キャッシング」を利用してお金を借りることが可能となっています。ここからは学生キャッシングについて詳しく見ていくことにしましょう。

「学生キャッシング」は学生証の提示が必須

学生キャッシングはその名称通り、学生が利用できるキャッシングサービスとなっています。学生ということで利用者の中には未成年者もいるものですが、学生という基準を満たしているので未成年でもキャッシングを利用できる点が特徴的です。通常のキャッシングサービスでは運転免許証や健康保険証といった身分証明書を用意しなければなりませんが、学生キャッシングでは「学生証」も重要な身分証明書となっています。

もちろん、身分証明をするものとして運転免許証、健康保険証、パスポートといったものも用意しておくことをおすすめしますが、やはり学生キャッシングは学生が利用するためのサービスということで、学生証の提示が必須となっているのです。本当に学校に在籍しているか、といったことをチェックするためにも必要なものなので、学生証の準備も忘れないようにしておきましょう。

アルバイトによる収入があることも条件の一つ

また、学生キャッシングは「現在学生である」という条件だけではなく、借りたお金を返済できる収入があることも条件の一つとなっています。一般的なキャッシングサービスでは就業状況と収入状況が重要な審査条件として見られていますが、これは学生キャッシングの場合も同様です。

ただ学生であるため、基本的にはアルバイトで稼いだお金が収入となりますから、就業状況については無職でなければ問題ないとしているサービスもあります。まずはアルバイトでもしっかり稼いでいること、その稼ぎと借り入れ金額とのバランスが取れていること、確実に返済できる状況であることなどが審査されますので、学生キャッシングを利用するのであればアルバイトをすることも必須、と考えておいた方が良いでしょう。

学生キャッシングの利用前にも必ず返済計画を

そして学生キャッシングに限らず、キャッシングサービスを利用する前には必ず「返済計画」を立てておくよう注意してください。返済計画は、借り入れから返済までの流れを元に毎月の返済金額はいくらになるか、利息はどのくらいつくのか、最終的な総返済額はいくらになるのか、といった返済に関する問題を把握し、計画的にキャッシングを利用していくために必要なものです。

皆さんが安全にキャッシングサービスを利用するためにはもちろん、金融機関とのトラブルを避けるためにも返済計画は欠かせません。キャッシングにおけるトラブルの多くは、利用者側の不注意や利用方法に問題があると考えられていますので、まずは返済計画を立てて正しく利用していくことを心がけてください。これから学生キャッシングを利用する皆さんも「学生だから」といって決して甘えて良いものではありませんから、キャッシングサービスを利用するための責任を持って活用していきましょう。