「繰り上げ返済」でキャッシングの完済

金銭面に余裕があれば「繰り上げ返済」でキャッシングの完済を

キャッシングの「繰り上げ返済」を活用

現在キャッシング利用中の皆さんは、どのように返済しているでしょうか?毎月決まった金額を支払っていく「リボ払い」を活用している皆さんがほとんどかと思いますが、もし返済中に大きなお金が入った場合、皆さんならそのお金をどのように使うでしょうか?貯金にまわすという手もあるものの、皆さんは今現在借金の返済中です。この機会に「繰り上げ返済」を利用してキャッシングの返済を計画的に済ませてしまってはいかがでしょうか?

繰り上げ返済はキャッシングにおけるサービスの一つで、返済残額を繰り上げて支払い、その後の返済を楽にすることができる特徴を持っています。例えば、リボ払いで毎月決まった金額を支払っている場合には、繰り上げ返済を利用することで毎月支払う金額を少なくできたり、または完済していくまでの期間を短くしたりできるというわけです。上手く活用すれば利息も減らせるので、ここからはキャッシングの繰り上げ返済について詳しく見ていくことにしましょう。

返済額を少なくできる「返済額軽減型」

キャッシングの繰り上げ返済は、現在リボ払い中の皆さんの返済負担を減らすことができるサービスなので、リボ払いで完済を目指している皆さんはぜひ活用してみてください。リボ払いをしていると「毎月の返済額があとちょっと少なかったら・・・」とか「返済期間がもう少し短くなったら・・・」と考えてしまうことがありますよね。繰り上げ返済はそんな悩みを持っている皆さんにおすすめですから、まとまったお金が入った時はまず繰り上げ返済にまわしてしまいましょう。

まず毎月の返済額を少なくしたい場合には「返済額軽減型」の繰り上げ返済を活用していくと良いですね。返済額軽減型で繰り上げ返済をすれば、毎月支払っていく返済額を少なくし、今後の返済負担を大きく軽減していくことができます。毎月支払うべき金額が少なくなるので生活面にも余裕ができますし、精神的にも気持ちの負担は軽くなりますよね。毎月の金銭面に余裕を持たせたい!という場合には、ぜひ返済額軽減型で繰り上げ返済してみてはいかがでしょうか?

完済までの期間を短くできる「期間短縮型」

また、毎月の返済金額の減額ではなく、完済までの期間を短くしたい!という場合には「期間短縮型」の繰り上げ返済を活用してみましょう。先に紹介した返済額軽減型は毎月の金銭負担を減らしていく方法で、返済期間は今まで通りとなっていますが、期間短縮型の場合は毎月の返済額は変わらないものの、完済までの期間が短縮されて結果的に借り入れ期間が短くなるという特徴があります。借り入れ期間が短くなるということですので、つまり期間短縮型の繰り上げ返済を活用することで利息を減らすこともできる、というわけです。

利息を抑える方法としては、金利の低いキャッシングサービスを選ぶこと、借り入れ金額を少なめにしておくことなどが挙げられますが、借り入れ期間を短縮して早めに完済してしまうことも一つの手です。利息の計算には借り入れ期間も大きく関わっているので、借り入れ後にもっと利息を少なくしたい!と思うようになった場合は、ぜひ期間短縮型の繰り上げ返済を利用してみてください。

毎月支払う返済額に変化はありませんが、完済までの期間が短くなるだけでも気が晴れて楽になります。ただ、金銭面に余裕がない場合に繰り上げ返済を利用すると皆さんの生活面に悪影響が現れてしまいますから、まとまったお金が入った時など支払いの余裕がある場合にのみ活用するようにしましょう。