無職・無収入でもキャッシングできる?

無職・無収入でもキャッシングできる?サービスを利用できない場合

キャッシングサービスを利用できない場合

今すぐにお金が必要となった場合には、金融機関のキャッシングサービスが役立ちます。特に「即日キャッシング」など、申込みをしたその日のうちに借り入れができるサービスを利用すれば、より早くキャッシングすることができるようになっています。

しかし、キャッシングは誰でも簡単に利用できるサービスではありません。皆さんはキャッシングの利用者となるわけですが、金融機関はサービスの一貫として利用者がお金を借りることができるよう、キャッシングを提供しているわけですので、決してタダでは利用できませんし、利用するためには最低限条件をクリアしなければならないのです。もし皆さんが金融機関の条件を満たしていれば、問題なくキャッシングを利用できます。金融機関側が「キャッシングを利用しても良い利用者」と判断するため、皆さんはキャッシングサービスを通して必要なお金を借りることができるのです。

ただ、条件に満たない場合は皆さんはサービスの利用を認められず、審査の段階で借り入れを断られてしまいます。では、キャッシングサービスを利用するためにはどのような条件を満たしていれば良いのでしょうか?また、キャッシングサービスが利用できない場合はどのような状況に当てはまるのでしょうか?

審査は就業状況と収入状況に注目される

審査はキャッシングサービスを利用できるか・できないかを決める重要なものです。基本的に審査では、様々な面から皆さんが「キャッシングを問題なく利用できるか」という条件に当てはめていくことになります。そこで必要とされるのが、皆さんの就業状況と収入状況です。つまり、どのような仕事に就いているか、どのくらい収入があるか、といったポイントが注目されることになります。

例えば正社員として働いている、アルバイトとして働いている、自営業であるなど就業状況は人それぞれ異なるものですし、中には無職である皆さんもいますよね。同様にたくさんの収入がある人もいれば、収入がそれほど多いわけではない人、無収入である人もいます。

このように就業状況と収入状況には様々な違いが見られますが、この違いは皆さんがキャッシングを利用できるかどうかが決定する際に大きな比重を占めているものです。正社員の人とアルバイトの人ではキャッシング審査に通ることができる確率も違いますし、収入が多い人と少ない人を比べても審査をクリアできる可能性には差が出てしまいます。さらに無職や無収入といった場合には、キャッシングの利用自体が危いと見て良いでしょう。

一般的なキャッシングサービスでは、無職や無収入である人にキャッシングの利用を認めることはありません。これは銀行でも消費者金融でも同様で、皆さんがどんなにお金を必要としていても、無職や無収入である状況が影響してキャッシングサービスの利用を認めてもらえないようになってしまっているのです。

キャッシングサービスはまず利用者に対して「返済できる余裕があるか」という条件を求めますが、無職や無収入である場合には金銭的余裕がないと判断されるため、借り入れをしても返済することが不可能→キャッシング審査には通せないという結果になるわけです。

また、専業主婦である皆さんも職業に就いていない状態、収入の無い状態ですので、無職・無収入の状況に当てはまります。このようにキャッシングサービスを利用できない場合もあるので、申込み前に今一度よく自分の状況を見直してみるようにしましょう。